大人女子のための美肌研究所

日やけ・紫外線

ニキビ肌に負担のない、大人の紫外線対策

治ったと喜んだのもつかの間、繰り返し現れるニキビに鏡を見る度落ち込んで、触れてはまたため息......。そんな大人ニキビに悩み、紫外線が肌に悪いとわかっていても、日やけ止めを塗るとニキビが悪化しそうで使えず、紫外線対策に苦労している人も多いのではないでしょうか?
大人のニキビ肌に負担のない、紫外線対策を始めましょう。

美肌解説

ニキビケア中の肌におすすめの日やけ止めは?
ピーリング作用のあるニキビ治療薬や石けんなどを使っている場合、皮膚が薄くなることにより、角層での紫外線防止能が低下しています。このため、毎日の紫外線対策がとても大切です。また、刺激を感じやすくなっているので、日やけ止めを使用する場合は、低刺激で、ニキビができにくいことを確認している「ノンコメドジェニックテスト済み」なものを選びましょう。

美肌ポイント

目指すべきは、ニキビ肌に負担のない紫外線対策
紫外線から大人のニキビ肌を守るためには、肌に負担の少ない日やけ止めを取り入れることも大切。大人ニキビは顎にできやすい特徴がありますが、顎は手や衣類に触れて日やけ止めが取れやすい部分でもあります。日やけ止めはしっかり塗り、こまめに塗り直し、ニキビに触れないようにしましょう。
また、乾燥も気になる大人ニキビの方は、乾燥しないタイプの日やけ止めを選びましょう。

日やけ止め選びのポイント
1. ノンコメドジェニックテスト済みのもの
2. 洗顔料で洗い流せるもの
3. 乾燥しない低刺激タイプ

日やけ止めを塗る時のポイント
一度に塗ると塗りムラや塗り残しができることがあるので、重ねづけがおすすめです。2回に分け、均一に塗るとよいでしょう。

その他の紫外線対策
・紫外線の強い正午前後は外出を避ける
・外出時には日陰を利用する
・日傘をさす、帽子をかぶる
・衣服で肌を覆う
・サングラスをかける

iniksからのアドバイス
大人のニキビ肌に負担をかけない、低刺激でノンコメドジェニックテスト済みの日やけ止めで、紫外線をしっかり防御して、大人美肌を目指しましょう。

※大人ニキビとは、生活習慣の乱れなどにより、厚くなった角質がはがれず、毛穴をふさいでしまうことによるニキビ。

※ノンコメドジェニックテスト済みとは、ニキビのもとである面ぽう(コメド)ができない製品であることが確認されていること。すべての方にニキビができないわけではありません。

参考資料:ファーマナビゲーター にきび治療編(株式会社メディカルレビュー社)

13_01.png

ページトップへ