大人女子のための美肌研究所

日やけ・紫外線

実は、室内にも紫外線が届いています。外出しない日も紫外線対策!

"紫外線対策って外出するときだけでいいよね。室内にいれば、紫外線は届かないでしょう。"
そう思う方もいるかもしれませんが、それは間違いかも!?実は、紫外線は室内にも届いているのです。窓際のソファでうとうと気持ちよくお昼寝している間に、うっかり紫外線を浴びてしまっていた、なんていうことを防ぐためにも、室内の紫外線について知っておきましょう。

直射日光が入る部屋の窓辺、紫外線透過量は80%!
紫外線の中でも、UVBは窓ガラスに吸収されますが、UVAは波長が長く窓ガラスや薄いカーテンを透過して室内に入ってきます。屋外の直射日光の紫外線照射量を100%とすると、ガラス窓から日差しが差し込む窓辺なら約80%は通過していると言われています。日光が差し込む部屋では、紫外線対策が必要です。

美肌データ

ガラスを透過する紫外線

05_01.png

室内で紫外線を気にせずに過ごすためにはどうすればいい?
室内でもこれだけUVAを浴びていることがわかったら、もう予防するしかありません。ではどうすればいいのでしょうか。日やけを防ぐためにすぐできることは次の2つ。

・衣服で隠れない部分には日やけ止めを使う
・長袖を着るようにする

また、それ以外にも、住まい自体に紫外線をカットする方法があります。

・紫外線防止フィルムを窓ガラスに貼る
・紫外線カット効果の高いカーテンに変える
・すだれやグリーンカーテン、オーニングなどを利用して直射日光を避ける

ぜひできることから対策をはじめましょう。

iniksからのアドバイス
室内でも自然光で明るさを感じるところでは、特にUVAが降り注いでいることを意識しておきましょう。また、室内であっても、肌に負担のない日やけ対策をして、快適な毎日を過ごしましょう。紫外線カット効果の高いカーテンに変えると気分も変わっていいかもしれません。紫外線を気にしなくていい環境を整えて、大人美肌を目指しましょう。

参考文献:紫外線環境保健マニュアル2015 環境省
http://www.env.go.jp/chemi/matsigaisen2015/full.pdf

05_02.png

ページトップへ