美肌研究所
大人女子のための美肌研究所

そのスキンケア、メイク
お肌をこすっていませんか?

秋葉原スキンクリニック 院長 堀内祐紀先生

監修:秋葉原スキンクリニック 院長 堀内祐紀先生
大人の女性の素肌は、敏感肌になるリスクにさらされています。そして毎日のスキンケア、メイクによる“摩擦”も、敏感肌の原因のひとつ。
「こすらないようにスキンケア、メイクしているつもり」でも、「こすっている」と皮膚科医師から判定されるスキンケア、メイクが蔓延している模様!
そして、その摩擦ダメージが肌トラブルを引き起こします。

こすることは乾燥、赤み、シミ(黒ずみ)、シワ、たるみ等の肌トラブルの原因に・・・!

<症例>スキンケア時の摩擦による皮膚炎(赤み、黒ずみ)

<症例>スキンケア時の摩擦による皮膚炎(赤み、黒ずみ)

提供:秋葉原スキンクリニック

\警鐘/

多くの医師もスキンケア時の“こすること”を問題視!

※2019年マルホ調べ 第83回日本皮膚科学会東京・
東京支部合同学術大会に来場した医師n=271

摩擦ダメージが肌に蓄積されて取り返しがつかなくなるその前に、毎日のスキンケア、メイクを見直してみませんか?

check!

意外とこすってる!?スキンケア、メイクのやりがちNG例

  • メイク落とし・洗顔

    汚れを落とすことに夢中で、
    力いっぱいゴシゴシこすっていませんか?
    タオルで顔を拭くとき、
    ゴシゴシとタオルを動かしていませんか?

    メイク落とし・洗顔
  • 保湿

    効果を期待するあまり、叩き込んだり、
    塗り込んだりしていませんか!?

    保湿
  • 紫外線対策・ベースメイク

    忙しい朝など、無自覚に
    少量の日やけ止めやファンデーションを
    ワイルドにグイグイ塗り広げている人多いです!

    紫外線対策・ベースメイク
もうこすらない!
今日から始めるこすらない
スキンケア、メイクのすすめ

point!

こすらないスキンケア、メイクのポイントは肌が動かない(シワがよらない)力加減と化粧品の適量使用

  • メイク落とし・洗顔

    メイクは、メイク浮きが良く、すすぎやすいメイク落としで優しく素早く落としてから、たっぷりの泡を転がすように洗顔。すすぎ残しに要注意。
    洗顔後は、タオルでゴシゴシ拭くのではなく、タオルを肌にやさしく当てて、水を吸い取ってください。

    メイク落とし・洗顔
  • 保湿

    化粧水・乳液はなじませた後、
    優しくハンドプレスを。
    強いパッティングは肌への刺激が強いので要注意。

    保湿
  • 紫外線対策・ベースメイク

    日焼け止めやファンデーションは顔の中心から外側へ、指のはら全体を使って一方向に伸ばして。力を入れすぎず、お肌に置いてくるイメージ。
    紫外線は肌トラブルの原因になるためムラなく塗ってください。

    紫外線対策・ベースメイク
美肌動画レッスンもcheck
doctor
監修:秋葉原スキンクリニック 
院長 堀内祐紀先生

東京女子医科大学医学部卒業後、都内皮膚科・美容クリニック勤務を経て2007年に秋葉原スキンクリニック を開設。日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会・日本香粧品学会等に所属、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。