iniksとは

敏感肌のためにスキンケアにしかできないことがある。

皮膚薬に特化した製薬会社マルホは、
薬や医療を通じて、患者さまの肌悩みの声を聴いてまいりました。
そんな日々の中で、薬だけでなく、毎日のスキンケアから関わることができたなら、
もっと多くの方のチカラになれるはず。
そんな想いがもとで生まれたのが“iniks”です。

「i」+skinの逆表記「niks」
「私」が、「あたらしい肌」と出会い、私らしいキレイを目指す。
そんな前向きな姿勢をブランド名に込めました。
ロゴカラーは、海のようにどこまでも潤うイメージから、青。
一文字目の「i」のドットを1つ多くすることで
「潤いを手に入れた私(i)」を表現しています。

皮膚科医師 企業総合評価No.1

  • スキンバリアプログラム
  • 肌トラブルのメカニズム 商品へのこだわり
  • スキンケアトリニティー スキンケアメソッド

肌トラブルのメカニズム

肌の二大トラブル 大人敏感肌 大人ニキビ 実はどちらも原因は同じでした
肌トラブルがおこりやすい状態 カサカサ肌 ポツポツ毛穴 粉吹き・ざらつき
肌のネガティブ・スパイラル
  1. バリア機能の要となるフィラグリンが低下
  2. 天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質が不足することで
  3. 水分が蒸発し、肌の美しさの決め手となる角層が乱れます
  4. バリア機能&保湿機能が低下した肌は、外からの刺激にも弱くなり
  5. ターンオーバー(肌の生まれ変わりサイクル)にも悪影響がおよびます
乱れた肌

※イメージ図
※全ての水分が蒸発するわけではありません

※1 フィラグリンとは
角層細胞内のケラチン繊維をしっかり結びつけ、角層細胞の形を保ち肌のバリア機能をサポートします。同時に天然保湿因子(NMF)の素になるタンパク質です。顆粒層に存在する「プロフィラグリン」が角化の際に「フィラグリン」に分解されます。遊離された「フィラグリン」は角層にてアミノ酸・ウロカイニン酸などの天然保湿因子(NMF)に分解されます。
*ウロカイニン酸:紫外線吸収能を有する。天然のサンスクリーンとも言われています。
※2 天然保湿因子(NMF)とは
角層のある低分子のアミノ酸や塩類など。これらは保水機能をもつため、天然保湿因子=ナチュラルモイスチャーライジングファクター(NMF)と呼ばれ、水分をつかまえて離さない性質があります。
※3 細胞間脂質とは
表皮で作られ、角層細胞と角層細胞のすき間をうめています。角層細胞同士をくっつける接着剤の役割とともに、水分をサンドウィッチ状(液晶)にはさみ込み逃がさないようにしています。
天然保湿因子(NMF)

※イメージ図

大人ニキビ※とは

皮脂の分泌が活発になるとともに、毛穴周辺の角層(皮膚の一番表面の部分)が、厚くなって毛穴が詰まると皮脂がたまってしまう肌トラブルです。

ポツポツ毛穴トラブルとは

※イメージ図

商品へのこだわり

iniks(イニクス)は医療用皮膚薬メーカーが開発した肌のバリア機能に着目したスキンケア化粧品です。敏感肌、乾燥肌、大人ニキビ※等のトラブル状態の肌をいたわりながら、肌の土台を整え、継続使用することで調子の良い素肌に導きます。

  • ※1 大人ニキビとは、生活習慣の乱れなどにより、厚くなった角質がはがれず、毛穴をふさいでしまうことによるニキビ。
  • ※2 すべての方にアレルギーや皮膚刺激がおきないわけではありません。

スキンケアトリニティー

いまを生きる女性の多くは、“大人トラブル肌”に悩まされています。
乾燥肌、大人敏感肌、大人ニキビ※肌、そんな大人の肌トラブルは、
肌の水分量とバリア機能の低下をもたらします。
あなたの“大人トラブル肌”に寄り添い、肌のバリア機能をサポートする
iniks(イニクス)独自のスキンケアトリニティー(3ステップのスキンケア)で、
その先の美しさへ導きます。

※ 大人ニキビとは、生活習慣の乱れなどにより、厚くなった角質がはがれず、毛穴をふさいでしまうことによるニキビ。

肌のポジティブスパイラル

スキンケアトリニティー

クレンジングのポイント

クレンジングはスキンケアの最初のステップです。
こすらずに手のひらをすべらすようにしてメイクを落として下さい。

  • 1 手や顔をぬらさず、乾いた状態でクレンジング エマルジョンをご使用ください。
  • 2 マスカット粒大を目安に、クレンジング エマルジョンを手のひらにとります。
  • 3 両手のひら全体に軽く広げます。
  • 4 手のひら全体に広げることで、メイク汚れになじみやすくしておきます。
  • 5 顔全体にいきわたるように手のひらでやさしく広げ、内側から外側に向かって円を描くように、メイクアップ料や汚れとていねいになじませます。
  • 6 アイメイクや口紅、小鼻の脇などの汚れが気になる部分は、指のはらを使いすべらすように、こすらずていねいにになじませます。
  • 7 指先がすべりやすくなったら、水かぬるま湯の流水でていねいに洗い流します。
  • 8 クレンジング後は洗顔料をお使いください。

洗顔のポイント

洗顔はスキンケアの最初のステップです。
朝晩2回の洗顔で汚れをきちんと落とし肌をリセットしてください。
手指ではなく、キメが細かく弾力のある“クッション泡”で洗ってください。

  • 1 メイクをクレンジング料で落とします。汚れを落とし、洗顔料の泡立ちを良くするために、手と顔を水かぬるま湯で洗います。
  • 2 2cmを目安に、洗顔料を手のひらにとります。
  • 3 洗顔料に水かぬるま湯を少しずつ加えながら、大きな円を描くように空気を含ませて泡立てます。 手のひらと指先の間に、少しだけ隙間をあけてお茶をたてるように回します。
    ▶︎ 動画で見る
  • 4 キメが細かくもっちりとして弾力を感じるくらいにまで泡立て、手のひらを逆さにしても落ちない“クッション泡”をつくります。
  • 5 肌の上でクッション泡をころがすようにしながら、円を描くように顔全体をすみずみまで洗います。
    ▶︎ 動画で見る
  • 6 目元や口元など乾燥しやすい部分は特にやさしく洗います。額や小鼻など脂っぽい部分は指先を使いていねいに洗います。
    ▶︎ 動画で見る
  • 7 あごの下などのフェイスライン、目頭、小鼻、鼻の下の、すすぎ残しがないように、 水かぬるま湯の流水でていねいに洗い流します。仕上げはタオルで軽くおさえるように水をやさしく吸いとります。

敏感肌・ニキビ肌のための「肌にやさしい洗顔方法」を動画で見る

敏感肌 お手入れのポイント

刺激になりやすい成分を極力除いた低刺激化粧品がおすすめです。
水分と油分の両方を補うローションとミルクで水分補給とうるおい保持の保湿ケアが効果的です。
コットンの繊維が刺激になることもあるので、清潔な手でお手入れをしてください。
手のひらの温もりにより化粧品が肌になじみやすくなります。

  • 1 ローションを1プッシュ分、手のひらにとります。
  • 2 顔の中央から外に向けて、手のひらを使いローションをやさしくなじませます。
  • 3 さらに、ローションを1プッシュ分、手のひらにとります。
  • 4 目もと、口もとなど、乾燥が気になる部分に重ねてなじませます。
  • 5 手のひらで顔をおおうように、ゆっくりハンドプレス。手のひらの温もりと柔らかさで、じっくり肌になじませます。
  • 6 ローションが肌にしっかりなじんだあと、ミルクも同じ手順でなじませます。ミルクの使用量は、朝は、1プッシュで1回塗り、夜は、2プッシュで2回重ね塗りをおすすめしております。

大人ニキビ※お手入れポイント

ニキビのできにくいことを確認しているノンコメドジェニック化粧品がおすすめです。
大人ニキビが気になる肌にはローションとミルクで、水分補給とうるおい保持の保湿ケアが効果的です。
油分を敬遠される方もいますが、油分は肌のうるおい保持に必要で、
適度な油分は肌を柔らかく、なめらかな状態に保ちます。
※大人ニキビとは、生活習慣の乱れなどにより、厚くなった角質がはがれず、毛穴をふさいでしまうことによるニキビ。

  • 1 ローションを1プッシュ分、手のひらにとります。
  • 2 顔の中央から外に向けて、手のひらを使いローションをやさしくなじませます。
  • 3 さらに、ローションを1プッシュ分、手のひらにとります。
  • 4 目もと、口もとなど、乾燥が気になる部分に重ねてなじませます。
  • 5 手のひらで顔をおおうように、ゆっくりハンドプレス。手のひらの温もりと柔らかさで、じっくり肌になじませます。
  • 6 ローションが肌にしっかりなじんだあと、ミルクも同じ手順でなじませます。ミルクの使用量は、朝は、1プッシュで1回塗り、夜は、2プッシュで2回重ね塗りをおすすめしております。

UV プロテクション 使い方のポイント

UVケアは、紫外線と紫外線ダメージから肌を守る
スキンケアの仕上げのステップです。
日やけの気になる季節だけでなく一年を通してのケアをおすすめします。

  • 1 朝のお手入れの最後に、UVプロテクションをパール粒1つ分手にとります。
  • 2 顔の中心から外側に向かってすみずみまでムラなくていねいになじませます。
  • 3 さらにパール粒1つ分を手に取ります。
  • 4 鼻・頬・おでこなど顔の中でも高い部分を中心に重ねづけしてください。
  • 5 首やデコルテにつけるときは、パール粒1つ分を手のひらにとり、下から上に向かってなじませます。
  • 6 耳の後ろ、うなじや髪の生え際も忘れずにつけてください。 汗をかいたり、タオルで拭いた後は、こまめに塗りなおしてください。

ページトップへ