sensitive

毎日敏感肌を、整える。
バリア機能低下の原因、フィラグリン不足に着目。
抗炎症作用で肌あれを防ぎ、調子のよい肌へ導く
バリアセンシティブケアです。
User’s Voice
iniks”センシティブ”を1週間試した方
「今後も続けて使用したいと思いますか?」
とお聞きしました。
  • ※1日2回(朝・晩)1週間使用
  • ※iniks 調べ2016年6月 製品の使用感調査

  • ※個人の感想です。
敏感肌の肌あれスパイラル
フィラグリンが不足すると、角層細胞の強度が低下、
天然保湿因子(NMF)が減少します。
その結果、角層バリア機能が低下します。

フィラグリンとは

「フィラグリン」は、角層バリア機能を担う重要なタンパク質です。角層細胞のケラチン繊維をまとめ、強度や柔軟性に貢献し、
さらに角層の外層部で分解されると、天然保湿因子(NMF)となり、角層を保水します。
毎日敏感肌に、高保湿バリアを。
バリア機能が低下し、肌あれがおこりやすい
敏感肌は、角層のうるおいを高め、
すこやかな環境に整えることが大切です。
敏感肌を考えた「よりそい設計」
*すべての方にアレルギーや皮膚刺激がおきない、また、ニキビができないわけではありません。
商品一覧