スキンケア・トリニティー

うるおすことで肌のバリア機能と保湿機能をサポート
肌のネガティブスパイラルへアプローチ

イメージ図

※イメージ図
※全ての水分が蒸発するわけではありません

ポリグルタミン酸が、バリア機能の要となるフィラグリンに働きかけて、肌本来のバリア機能をサポート

水分・うるおいをキープし、角層をキレイに整え、健康的で美しい肌へと導きます。

ポリグルタミン酸のアプローチでふっくらうるおう肌へイメージ図

※イメージ図

バリア機能の要 フィラグリン

フィラグリンは角層細胞内のケラチン繊維をしっかり結びつけ、角層細胞の形を保ち肌のバリア機能をサポートします。同時に保湿機能を持つ天然保湿因子(NMF)の素になるタンパク質です。

イメージ図

※全ての水分が蒸発するわけではありません
※イメージ図

角層の細胞間脂質を整え、高機能美容成分をすみずみまで届ける「ナノエマルジョン技術」

ナノエマルジョン技術

高機能美容成分を、細胞間脂質と類似した水と脂のサンドウィッチ構造(液晶)のナノエマルジョンに閉じ込めています。ナノエマルジョンは、水と脂のサンドウィッチ構造(液晶)のまま角層へ浸透し、角層細胞の間の細胞間脂質の乱れている部分に届きます。同時に、中の高機能美容成分が更に角層のすみずみまで浸透して、これにより、肌のバリア機能を補うことと、角層の中に高機能美容成分を届けることの両立を実現し、美肌へと導きます。

注目技術 ナノエマルジョン
※イメージ図

バリア機能の要 細胞間脂質

細胞間脂質は、表皮で作られ角層細胞と角層細胞のすき間をうめています。
角層細胞同士をくっつける接着剤の役割とともに、水分をサンドウィッチのように、はさみ込み逃がさないようにしています。

イメージ図

※イメージ図

浸透イメージ

※イメージ図

肌をうるおし落ち着かせて、高機能美容成分が働きやすい肌環境に整える。

イメージ図

※イメージ図